Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

175

13 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/12/28(日) 19:49:00 ID:Xe2aLooC0
信じようと、信じまいと?

ロシアの某所で、豪奢で煌びやかな箱が発見された。
その箱は道路の真ん中に放置されており、大型犬ほどの大きさだった。
箱の中には毟り取られた人間の下顎が大量に入っていた。
検査をした結果、その下顎は全て同一人物のものだったという。

信じようと、信じまいと?
18 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/12/31(水) 00:01:58 ID:WnJsEOUP0
信じようと、信じまいと??

読んではいけない本というものがあるそうだ。
その本の表紙には、『たどり着いたの者の名は』というタイトルが印字されており、
表紙の余白にはいくつかの人名がペンや鉛筆で書き込まれているという。
その本を読んだ人は表紙の余白に自分の名前を書き、失踪してしまうのだという。

信じようと、信じまいと??
19 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/12/31(水) 02:28:46 ID:i9cPJLpH0
信じようと、信じまいと?

冷戦当時、古い坑道を買い取り、そこを核シェルターに改造している大金持ちの男がいた。
数十年分の生活物資を溜めこみ、核戦争が起きると自動で入り口を塞ぐ装置も作った。
しかしある日、男が中を点検していると、装置が誤作動を起こして入り口を塞いでしまった。
男はそれを本物の核戦争と信じ、多分今もその中で暮らしているという。


信じようと、信じまいと?
20 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/12/31(水) 17:26:08 ID:U+FCFqcC0

信じようと、信じまいと?

埋葬した人が、棺桶の中で息を吹き返すということがある。
そのまま死なせてしてしまうのを防ぐため、中で動きを感知すると警報音が鳴る棺桶が作られた。
ある晩、その棺桶から警報が響いた。
それは保管してあった棺桶全てで、中に誰も入っていないものだった。

信じようと、信じまいと?
21 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/12/31(水) 23:37:37 ID:i9cPJLpH0
信じようと、信じまいと?

1988年パリ、大晦日の夜に、マルセルという青年がバーで仲間と酒を飲んでいた。
気づくと年明けも数分後に近づいており、彼はシャンパンのボトルを注文した。
0時になると同時に栓を抜こうとしたのだが、具合の悪いことに栓が抜けず、2分ばかりてこずってしまった。
数人の客が気づいたことだが、彼が悪戦苦闘している間、店の時計の針は0時のまま止まっていたという。

信じようと、信じまいと?
22 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/01/01(木) 01:47:16 ID:DDbfwhYV0
信じようと、信じまいと?

骸骨など不気味なモチーフを用いながらもどこか親近感の湧く、不思議な絵を描く画家がいた。
黒衣をまとった骸骨の絵を見た彼の知り合いが、「これは死神かい?」と彼に尋ねた。
画家は首を横に振り、「これは近所に住んでる神父さ。神父の服を着てるじゃないか」と答えた。
彼にはなぜか肉を透かして人の骨格が見え、自分が見たままに人物画を描いているのだそうだ。

信じようと、信じまいと?
28 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/01/03(土) 02:34:48 ID:cZcFdgXo0
信じようと、信じまいと?

真冬のロシアでの話。雪の降るある晩、A夫人は紅茶を飲もうと思い、やかんを火にかけた。
しかし何分たってもお湯が沸かない。それどころか、やかんの中の水は冷たいままではないか。
奇妙なことは何でも幽霊のせいにする夫人が震えていた頃、彼女の家の外では泥酔した男が寝ていた。
男は風呂に入っている夢を見ており、段々お湯が熱くなるのに耐え切れず目を覚まし、無事帰ったという。

信じようと、信じまいと?
27 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/01/02(金) 04:31:51 ID:PBtFVD/a0
信じようと、信じまいと?

「サイコロを振ったときにそれぞれの目が出る確率は1/6である」ことを証明した人はいない。
「何度もサイコロを振るうちに限りなく1/6に近づく」ということが分かっているだけである。
『人類がサイコロを振った回数が計100兆回を超えると、それ以降は常に1の目しか出なくなる』
神がそんなプログラムを用意していない保証はない、とある数学者は語る。

信じようと、信じまいと?
30 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/01/04(日) 00:49:52 ID:necfkUC+0
信じようと、信じまいと?

ある小学校のクラスが、地元の漁師の協力のもと、地引き網の体験学習をした。
みんなで網を引き上げてみると、魚に混じって小さな人形がかかっていた。
それは流し雛と呼ばれる人形で、その土地には厄払いのために流し雛を川に流す習慣があった。
川を下り海底に沈んだと思われるその人形は、なぜか鬼のような恐ろしい形相をしていたという。

信じようと、信じまいと?
32 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/01/05(月) 12:22:45 ID:Fs0ZwoUo0
信じようと、信じまいと?

1970年、ある高校の修学旅行中に、前代未聞の心霊写真が撮影された。
それは一見ごく当たり前の、大きな池をバックに撮られたクラスの集合写真である。
学生服を着た30人ほどの男女生徒が3列に並び、前列中央には笑顔の教師もいる。
誰もいなかったはずの池の写真に30体以上の霊が整然と並んで写る??まさに前代未聞の心霊写真である。

信じようと、信じまいと?
33 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/01/05(月) 16:09:24 ID:CyWTlUgqO
信じようと、信じまいと??

都内のラジオ局に勤めていたT氏は十数年前、録音資料の整理中に奇妙な音源テープを発見した。
テープには『1975/08/15』とのラベルが貼られており、某大学の教授と記者による対談が収録されていたが
その内容は『戦勝30周年』『ニューヨーク空襲』『天皇政権』『外地開発の限界』など、多くの不可解な言葉を含んでいた。
何者かの怒鳴り声とともに録音は途切れていた。局内で詳細を知る者はおらず、程なくテープ自体が紛失したと言う。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 都市伝説・噂話 - ジャンル :

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー+最終更新日
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
リンクのお願い☆
始めたばかりで、 記事も少ないですが、 リンクお願いします。
楽天
ダウンロード販売

ハードディスク
おすすめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。