Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

153

575 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/18(金) 10:39:54 ID:lRfCTgy60
信じようと信じまいと?

セントヴィンセント/グレナディーン籍のLPGタンカーが大西洋を航行中、甲板に大きく衝撃音が響いた。
何事かと駆け付けた船員の目に飛び込んできたのは、体長15mを超えるダイオウイカの死骸であった。
腐敗が無い為死後間も無いと思われ、また何箇所か巨大な楔を打ち込んだような傷跡が見受けられた。
船員達は不審に思いつつも死骸をそのままには出来ず、船長の指示の元苦心して海へと投棄した。
576 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/18(金) 10:40:55 ID:lRfCTgy60
信じようと信じまいと?

ある酒場で、男が他の客とポーカーを始めた。その日の男は大変運が良く、数年ぶりに大勝利を収めた。
ところが客の一人は負けが込み過ぎて金が不足し、これで頼むと見事なセイウチの牙を男に手渡した。
男は上機嫌で家路に着いたが、帰り際に先程の客が背を丸めて海中へと歩いて行く姿を目撃した。
慌てて止めようとした男の目の前で、客は牙の欠けたセイウチに姿を変えて夜の海へと消えて行った。
577 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/18(金) 10:41:54 ID:lRfCTgy60
信じようと信じまいと?

北大西洋に浮かぶポルトガル領アゾレス諸島では、上空を通過する巨大鳥が度々目撃されているという。
特にポルトガルの最高峰火山を有するピコ島での目撃例が多く、実際に山を調査した学者も居るほどだ。
しかし調査結果は巨大鳥の存在を否定するばかりであり、営巣どころか羽根の一枚も発見されなかった。
ただ、山頂付近で大量に発見されたメラニン色素とキチン質の名残については、現在研究が続いている。
578 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/18(金) 10:42:25 ID:lRfCTgy60
信じようと信じまいと?

ある猟師が、巨大な首の剥製を小脇に抱えて酒場へやってきた。主人が何事かと猟師に尋ねると、
確かに撃つ前は生きた鹿だった、歩いている姿も見ている、しかし撃ったら剥製だったのだという。
全く訳が分からない、と混乱して頭を抱えている猟師を尻目に剥製を彼方此方調べていた主人は、
案外これの所為かもな、と首筋を指して見せた。そこには「私は生きている!」と刃物で刻まれていた。

信じようと信じまいと?
579 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/18(金) 14:33:16 ID:p1vhwMwJ0
信じようと、信じまいと?

1990年代ロシアで、天使に未来の出来事が書いてある手帳をもらったという女性がいた。
未来の多くの出来事を当て、テレビにも取り上げられた彼女だが、数年後に突然死。
葬儀の際に、彼女の遺品が整理され、中には未来の出来事書いてある手帳もあった。
しかし、手帳は最後のページに「2025」と書いてある以外はすべて白紙だったという。

信じようと、信じまいと?
580 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/18(金) 21:38:45 ID:mx5CUG720
信じようと、信じまいと?

フィリピンの都市で警官が少女に助けを求められた。見えない何かに噛付かれると。
体には無数の歯形があり、警官の前で体に新たな歯形か浮かび上がるが手をかざしても何もない。
病院で医師の治療中にも新たな歯形は増し、警官も医師も手の打ち様がなく痛みで泣き叫ぶ少女を
見ているしかなかったが、しばらくするとその現象は止まりそのまま二度と現れなかった。

信じようと、信じまいと?
591 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/21(月) 23:24:47 ID:THkvcsLH0
信じようと、信じまいと?

文化十年六月十一日、その三ヶ月前から原因不明の腹痛で寝込んでいた江戸本郷丸山の高橋某という侍が、
手当ての甲斐もなく亡くなった。死の直前、高橋某の腹は水死体のように膨れ上がり、異臭を放っていた。
腹を開いてみたところ、中からは大量の脂と、背中が黒、腹が白、小さな二本足を持った鰻のような生き物が出て来た。
その生き物の上半身は、何かに食いちぎられたかのように失われていたと言う。
592 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/21(月) 23:26:06 ID:THkvcsLH0
信じようと、信じまいと?

1904年の聖燭祭の朝、カーディフに住んでいたイヴァン・ゴスは、瞼の上に小さな吹き出物を発見した。
それから数ヶ月の間、吹き出物は徐々に肥大し続け、ついには右の瞼が開かないまでになった。
病院に行く金のなかったイヴァンは自ら剃刀で吹き出物に穴を開けたが、中からはワインのように芳しい匂いの液体が吹き出して来た。
イヴァンはそれを舐めてみたが、身体に別状はなく、大変美味だったと言う。彼はその後102歳まで生きた。
602 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/24(木) 12:08:57 ID:T5DmMTH/0
信じようと、信じまいと?

京都市左京区に曼殊院という寺があり、年に一度、幽霊画を公開するので有名である。
公開時は多数の参拝客が訪れ、寺は公開時に近くの大学からアルバイトを募る。
だが、そのアルバイトの勤務時間は参拝客が多い昼ではなく夜間だというのだ。
そして、そのアルバイトを終えた者は決まって言う「寺には二度と近づきたくない」と。

信じようと、信じまいと?
603 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/24(木) 12:09:46 ID:T5DmMTH/0
信じようと、信じまいと?

15世紀、今のチェコ周辺に瞬間移動を自在に行う少年がいた。橋がない川を瞬時に渡り町人に羨まれていた。
少年が瞬間移動を行う際には、妙な霞か霧のようなものが少年を包み込み、それが晴れる頃には少年は消えていた。
ある日、いつものように川を渡ろうとしていた時の事。霧が少年を包み込む間際、足下を突風が吹き少年の足が露わになった。
後日、下流の町で、足のない少年の溺死体が上がったとの噂がある。

信じようと、信じまいと?
604 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/24(木) 12:10:20 ID:T5DmMTH/0
信じようと、信じまいと?

1754年の冬、ポルトガルで彗星が多く見られたという。特に青白い彗星が多かった。
科学の進んでいなかった当時、彗星は凶事の前兆として恐れられていた。
現に翌年、M8.5と推測されるほどの大地震、そして大津波が起こり、死亡した人は5万人を数えた。
そして、2003年の冬、インドネシアをはじめとする東南アジア南部周辺で青白い彗星が多く見られたという。

信じようと、信じまいと?
611 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/25(金) 13:53:45 ID:pqEJweeQ0
信じようと信じまいと?

2005年9月、ペルーの探検家がアマゾン奥地で体長14mに及ぶ巨大なワニの化石を発見した。
この情報は直ちに世界中へ配信されたが、同時に発見された別の化石は載せられなかった。
探検家が「泥の堆積跡」だとして処理した為で、現在も特に調査されず放置されたままである。
「泥の堆積跡」とされたその化石は、ワニの化石を胃袋に収めた巨大な蛇の様にも見えたという。
612 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/25(金) 13:54:18 ID:pqEJweeQ0
信じようと信じまいと?

ウズベキスタンはフェルガナ州のある村には、右回りでは周囲を回る事が出来ない小屋があった。
左回りでは何の問題も無いのだが、右回りだと角を何度曲がっても小屋の正面へは戻れないのだ。
1986年、ある男が本当に何度曲がっても戻れないのか確認すると友人に言って小屋へと向った。
男はそれ以降消息を絶っていたが、1992年に小屋が取り壊された際、白骨化した姿で発見された。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー+最終更新日
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
リンクのお願い☆
始めたばかりで、 記事も少ないですが、 リンクお願いします。
楽天
ダウンロード販売

ハードディスク
おすすめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。