Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

143

181 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/12/22(土) 23:38:59 ID:bAzUfsBEO
信じようと信じまいと?

主に70年代から80年代に日本のプロ野球で活躍した鈴木(仮名)という盗塁が非常にうまい名選手がいた。
インタビューで鈴木さんに盗塁のコツを聞いてみると、「調子のいい時は自分の残像のようなものが見えて、それをなぞるように走ると大体成功した」と述べた。
現役引退後、鈴木さんは趣味である夏山登山に出掛けたのだが、途中でひどい霧に包まれて前にも後ろにも進むのが困難になってしまった。
すると、自分の残像が少し前を歩き始めたので現役の頃のようにそれを追って歩いていくと無事に下山でき、残像はいつの間にか消えていたという。

信じようと信じまいと?
184 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/12/24(月) 23:22:35 ID:BvZFc9q+O
信じようと信じまいと?

ある日、新潟市在住のFさんに着信があり「私メリーさん、今札幌駅の前にいるの」となぜかFさんとは全く関係のない場所を告げられた。
その日の着信はそれだけで、次の日からは初日と同じ時間に着信があり、地名から割り出すとメリーさんは一日に数十キロほど移動しているようだった。
メリーさんからFさんへの電話は一週間で途切れたが、バトンをタッチするように一週間間隔で知り合いから知り合いへと引き継がれるようになった。
そして、Fさんから数えて六人目のKさんが「次の移動場所を特定したっぽいので突撃してみる」と言ったのを最後にKさんは行方不明、着信のリレーも途絶えた。

信じようと信じまいと?
187 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/12/26(水) 21:32:47 ID:ZlwfdW3CO
信じようと信じまいと?

お盆の入りを迎えた鹿児島のとある村にここ数年で最も強い台風が接近したので、川の近くに住む山田さん一家は近所の集会所に自主的に避難した。
そこに見慣れない四人家族がいたのだが、時期が時期なので誰かの親戚が帰省しているのだろうとその時は気にも止めなかった。
ところが、台風通過後に自宅に戻って各地の台風中継を見ていると、なんと各地の避難所に間違いなく先程の家族が必ず映っているのであった。
それ以後山田さんは台風中継を見る度に同じ家族をよく発見するようになり、「もしや台風一家ってやつですかね」と山田さんは笑いながら言った。

信じようと信じまいと?
188 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/12/27(木) 09:00:41 ID:88ZSSl+b0
信じようと信じまいと?

主に中国・四国地方の一部では、林道整備などの工事をする際に「してはならない事」が決められている。
『地面を掘削している時に「真っ黒な土」が出てきたら、それ以上掘ってはならない』というものだ。
よくないモノの通り道だから、可能な限り邪魔してはならないらしい。
噂では、数ヶ月前に山口県で起きた橋の事故の現場から、真っ黒い土が出ていたそうである。

信じようと信じまいと?
190 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/12/27(木) 10:02:04 ID:88ZSSl+b0
信じようと信じまいと?

1973年、ミズーリ州に住むセレーナは空き巣に入られた上に家を放火されてしまった。
3日後、その犯人ジョシュは盗んだ金で麻薬を買おうとアパートを出た直後、路上強盗に会い射殺されてしまう。
金を奪った強盗犯ニックはその夜、恋人のエドガーに浮気を疑われた末に絞殺される。
我に返ったエドガーは金だけ持ち出し家を飛び出し、車にはねられ即死した。運転手は自棄になって飲酒していたセレーナだった。

信じようと信じまいと?
191 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/12/27(木) 10:15:07 ID:88ZSSl+b0
信じようと信じまいと?

フランスのシャルネー地方にある古い教会の屋根には、変わったものが引っかかっている。
屋根に飾られた十字架に、船の錨が引っかかっているのだ。
なんでも200年ほど前の雨の日に、雲からロープで結ばれた錨が降りてきて十字架に引っかかったらしい。
そこへロープを伝って人が降りてきて錨を外そうとしたが失敗。結局、ナイフでロープを切って雲の上へと戻ったそうである。

信じようと信じまいと?
198 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/12/28(金) 23:12:40 ID:rJVo0FE/0
信じようと、信じまいと?

アレクサンドル・クトゥーゾフは、「穴熊」と呼ばれた凶暴なギャングだった。小柄な優男で、100人の女を陵辱したと豪語していた。
1971年7月、ある女性がクトゥーゾフに乱暴されたと兄に訴え、怒り狂った兄は仲間を引き連れてクトゥーゾフの自宅を襲撃した。
クトゥーゾフは通りに引きずり出され、撲殺された。死後、見せしめにその局部を切り取ろうとした男達は驚愕した。
彼には男性器がなく、代わりに女性器があり、スーツの股間には丸めたハンカチが詰められていたのである。
219 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/01/11(金) 08:42:36 ID:0pDP0xap0
信じようと、信じまいと?

ニューハンプシャー州の片田舎にある牧場にUFOが着陸し、中からナチスドイツの将校が降りて来たそうだ。
近くで唖然と見ていた少年に近付くと、100ドル紙幣を渡し「パンを買ってきてくれないか」と頼んだらしい。
しかし村人達が「警察を呼べ!」と騒ぎ出すと、将校はあわててUFOに乗り込み、空へと消えて行ったそうである。
少年の手には100ドル紙幣が残されたが、警察に押収され、いまも保管庫に眠っているそうだ。
230 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/01/15(火) 03:26:35 ID:E4SK27PN0
信じようと、信じまいと?

福岡の小学校で同窓会が開かれ、タイムカプセルが掘り起こされた。
懐かしい品々の中に一つだけ、誰も入れた記憶の無い人形があった。
腕に「キエマス」と一言だけ書かれた紙が括られており、
一緒に埋めていた集合写真の中央付近に子供一人分の空間があいていた。
231 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/01/15(火) 03:26:58 ID:E4SK27PN0
信じようと、信じまいと?

1977年フランスの海水浴場。人の右手だけが泳いでいるという噂が流れ、
海水浴客が何者かに足を引かれ溺れかける事件まで発生した。
憂慮した地元観光局の依頼により、漁師がその「手」の捕獲に成功した。
それは何故かマネキンの左手だったのだが、以降噂は立ち消えた。
232 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/01/15(火) 03:28:07 ID:E4SK27PN0
信じようと、信じまいと?

1965年ごろスペインの美術館に、夜光る黒い絵が展示されていた。
展示期間中は夜間公開も行われていたらしいのだが、すぐに取りやめとなった。
館内で事故が起きた為とされているが、以降絵が光らなくなった理由も、
被害者の行方も、そもそも何の事故だったのかさえ不明のままである。
236 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/01/18(金) 08:14:31 ID:Rc3z4OmZ0
信じようと、信じまいと?

ヒトラーの暗殺未遂事件のうち2回は爆弾が使われたが、どれも爆発前に「気分が悪い」等と言って、その場を離れて難を逃れた。
会食中、ゲッベルスが「予知能力のような幸運ですな」と賞賛したところ、ヒトラーはそれを否定したという。
「俺にそっくりな奴が、柱の影や窓のそばに立って、こちらをニヤニヤしながら見ていたんだ」
精神が不安定だった証拠とされるが、元SS隊員の回顧録の中で「もう1人の総統閣下を見た」という記述もあるのである。
237 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/01/18(金) 08:34:21 ID:Rc3z4OmZ0
信じようと、信じまいと?

1998年、イギリスの証券会社のFAXにドイツ語でメッセージが届いた。
「おめでとう! これは世界で一番最初の記念すべきメッセージです。お早いお返事を!」
送信してきたのは1843年(!)のドイツからで、調べてみると、さらに驚くべき事が分かった。
世界初のFAX送信の1回目が原因不明の失敗に終わっており、これはその時に送られたはずのメッセージなのだという。
238 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/01/18(金) 08:44:07 ID:Rc3z4OmZ0
信じようと、信じまいと?

富山県の山の中で、車のタイヤが溝にはまって動けなくなったA氏は困り果てていた。
そのとき、近くの猟師らしき男性がやって来て「持ち上げてあげましょう」と申し出てくれた。
男性が声を上げると、森の中から数十人もの人間がゾロゾロと出て来て車を「よいしょよいしょ」と持ち上げ始めたではないか。
A氏は車の中でガタガタ震え上がり、溝から抜け出した途端に礼も言わずに猛スピードで走り去ってしまったそうだ。
239 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/01/18(金) 20:37:17 ID:/UBO+RM80
信じようと、信じまいと?

1874年。地中海沿岸のある小さな町の半分以上の家が破壊された。
別の町の人々が調査に行ってみたところ、砕けた家の破片に混じって、大量の鉄片が発見された。
その数は1000個を超え、総重量は何百トンにも達するという。
目撃者はみな口を揃えてこう言う。「錨が降ってきたんだ。たくさんの錨が。そして空にはたくさんの船が浮かんでいた……」

信じようと、信じまいと?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 都市伝説・噂話 - ジャンル :

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー+最終更新日
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
リンクのお願い☆
始めたばかりで、 記事も少ないですが、 リンクお願いします。
楽天
ダウンロード販売

ハードディスク
おすすめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。