Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

128

650 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/25(日) 20:52:37 ID:Tz9RswDy0

信じようと、信じまいと?

オークランド州で、今不思議な携帯電話が流行している。
何と自分の皮膚を剥ぎ、携帯電話を装飾するというのだ。
刺青を入れたものを貼る者、唇の一部分を含む顔の皮膚を貼る者等、どんどんとエスカレートを続けているとの事。
日本の一部の個人外科でも、保険適用外でそれを受け付ける医者も増えて来ているらしい。

651 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/25(日) 21:04:01 ID:Tz9RswDy0

信じようと、信じまいと?

福岡県糟屋郡の高校で、先日「生徒の居ない卒業式」が行われた。
この高校の卒業生は、実は21年前の中国への修学旅行の際に全員事故死してしまっているのだ。
当時の教員が全員集まり、卒業生の名前を読み上げ、その日の体育館は「仰げば尊し」の音楽が流された。
不思議な事に、曲だけの筈だった「仰げば尊し」に合わせた合唱の声を、多くの人が聞いているそうである。

652 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/25(日) 21:08:28 ID:PLuXCNPZ0

信じようと、信じまいと?

新潟県のとある小さなスキー場には、建物の影にある看板が立っている。
地元の人も何時誰が立てたのかわからないというその看板にはこう書いてある。
「雪女に注意」 と。
因みに新潟県は雪女伝説発祥の地という説がある。

657 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/25(日) 23:50:55 ID:BOv2y++40

信じようと、信じまいと?

2000年7月、都内のとあるゴミ屋敷の大清掃が行われた。
ゴミを回収していると、一人の作業員がゴミの中に古い本を見つけた。
表紙は奇妙な文字で綴られており、奇妙な模様のようなものも書かれていたという。
だがこの話は誰も信じなかった。作業員によると開いた瞬間砂のように消えてしまったというからだ。

659 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/26(月) 01:01:30 ID:ebztu6bH0

信じようと、信じまいと?

1989年8月、九州のある山中で凍った遺体が見つかった。
その遺体はたとえ冬でも凍った状態で見つかることなどあり得ない標高で発見された。
さらに奇妙な点は、木の中腹に逆さまにしがみつくような姿で死んでいたことであった。
何一つ不明のままその遺体は8月の遭難者名簿に身元不明と書かれ忘れ去られていった。

660 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/26(月) 01:21:42 ID:wPhpSOEf0

信じようと、信じまいと?

1995年タイのバンコク。ティアンチャン・コーキンという男が道を歩いていると、右から車が突っ込んできた。
その車は電柱に衝突し、落ちてきた電線に接触したティアンチャンは感電してしまった。
病院で一命を取りとめた彼は家族にこう語った。「夢の中で釈迦様の右手に助けられた」と。
彼は右手で電線に接触し、電流は右半身を伝って右足から抜け、そのまま右に倒れたのだ。

662 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/26(月) 02:53:46 ID:iHCWv2Zn0

信じようと、信じまいと?

南極にも温泉が沸いているのをご存知だろうか。
周辺は一年中霧が立ち込めており、周囲からの視界を遮っている。
1998年アメリカの観測機が霧の内部に入り、観測を行った。
しかし「Oh My God...」という通信を最後に消息を絶ってしまった。彼らは何を見たのだろうか。

666 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/26(月) 07:59:24 ID:fJrelWz70

信じようと、信じまいと?

絞首刑は首を絞める処刑だが、縄の長さを間違えると斬首になることがある。
19世紀のアメリカで、ある殺人犯が公開処刑されたとき、それは起こった。
犯人が吊るされた拍子に、首が勢い良く吹っ飛び、観衆に飛び込んだのだ。
首は一人の男の目の前に落ち、男は恐怖であらぬことを口走り、それがもとで真犯人として逮捕された。

669 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/26(月) 17:41:45 ID:gdyqDkhs0

信じようと、信じまいと?

線路の整備員達の間では作業マニュアルにはない、口頭だけで行われる注意があると言う。
それは「人身事故のあった場所に見なれない草が生えていたとしても、けして引っこ抜かないこと」。
ある時、その掟をやぶった作業員が突然心臓発作を起こして倒れた。
こと切れた彼の傍らには人間に似た奇妙な根っこの草が落ちていたという。

670 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/26(月) 17:54:03 ID:BAj89ua/O

信じようと、信じまいと?

熊本県の某市に住む少年は、事故で右腕を失ってから幻肢痛に悩まされるようになった。
だがある時を境に、痛みが誰かの手を握っているような感覚に変わった。。
しかもその手は「向こう側」に彼を引っ張っているような感覚だと言うのだ。
ちなみにそのある時というのは、いじめられていたクラスメートが亡くなった日である。

681 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/27(火) 17:44:58 ID:MTPbplxF0

信じようと、信じまいと?

1992年、ボストン。小学校にショットガンと斧で武装した男が乱入し、児童と教師を数十名殺戮した。
と、泣きながら訴える男の子が保護された。しかし、実際にはそのような事件は起こっていない。
おかしなことに、男の子の言う自宅住所は架空のもので、どんなに探しても家族も身元も判明しなかった。
その男の子はは現在精神病院に収容されているという。彼はどこから来たのか。

697 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/29(木) 11:17:38 ID:dPFWYtRm0

信じようと、信じまいと?

1979年、イギリス。アパートの一室で奇妙なオブジェが発見された。
それはベッドに大の字に横たわる極めて肥満した人間の屍体で、手脚の関節から先だけが異常に痩せていた。
どうやら一度生きながら切断した手脚を冷凍保存し、その間に被害者である浮浪者を肥らせたのち殺害、手脚を解凍して縫いつけたらしい。
この製作に手間のかかるオブジェの存在を警察に通報したのは製作者らしい。腐る前に知らせたかったのか。電話の声は女だったという。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 都市伝説・噂話 - ジャンル :

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー+最終更新日
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
リンクのお願い☆
始めたばかりで、 記事も少ないですが、 リンクお願いします。
楽天
ダウンロード販売

ハードディスク
おすすめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。