Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

126

515 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/12(月) 21:06:29 ID:9yvS8PAf0

信じようと、信じまいと?

1990年イギリスのある狭い路地で、同時刻に殺害されたと思われる五つの死体が発見された。
まもなく五人の男が自首してきたが、全員が「自分と被害者の二人以外誰もいなかった」と主張。
その後いくら調べても被害者同士、加害者同士の接点が見出せなかったために、
悩みぬいた警察は五件の事件をまったく別の事件として処理した。

516 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/12(月) 22:05:18 ID:9yvS8PAf0

信じようと、信じまいと?

1980年ごろのアメリカ、アトランティックシティにジョン・ウッドというギャンブラーがいた。
彼は大抵の勝負で負けるのだが、最後の最後に大勝ちし、いつも収支ゼロとなっていた。
珍しく勝ちのまま終わった日も帰り道で事故にあうなど必ず何らかの出費をするので、
友人から「バランス」と呼ばれれていた彼は、83年3月2日に車に撥ねられ亡くなった。彼の息子が生まれた瞬間だった。

519 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/13(火) 08:21:40 ID:at0NpVI90

信じようと、信じまいと?

「漫画の神様」として知られる手塚治虫氏だが、一部では「予言者」として知られている。
何十年も前のSF漫画で示唆してきた技術革新や世界状況などが、ピタリと的中しているのだと言う。
彼の予言を信じる者に言わせれば「ひとたび世に出れば嘘は本当になり、それは必ず実現する」のだそうだ。
ところで手塚氏の作品の中には、完成しているのに未発表のものが1本だけあるらしい。

520 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/13(火) 08:33:55 ID:at0NpVI90

信じようと、信じまいと?

漫画家の手塚治虫氏は、非常に嫉妬深いことで知られている。
「AKIRA」で有名な大友克洋と初めて対面した際、「君ぐらいの絵なら僕でも描けるよ」と言ったエピソードがある。
その大友氏が締切を前に体調を崩しながらも作品を書いている最中、1人のアシスタントが非常に頑張ってくれたそうだ。
「ほらね?」と得意げに笑うベレー帽のアシスタントの事を、他の人間はまったく覚えていなかったと言う。

521 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/13(火) 08:42:09 ID:at0NpVI90

信じようと、信じまいと?

漫画家の手塚治虫氏は、自分に対して非常に厳しい面を持っていることでも知られている。
アニメ版「鉄腕アトム」の某エピソード(手塚自ら手がけたもの)が気に入らず、フィルムを焼き捨ててしまった。
すると不思議な事に、青く燃える炎の中で焼き捨てたフィルムの映像が浮かび上がったのである。
その映像をみた手塚は急いで1つのエピソードを造り上げた。それが「地上最大のロボット」である。

525 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/13(火) 13:49:24 ID:XfatgD9lO

信じようと、信じまいと?

1864年カナダのとある田舎町で、空高くに浮かぶ中世の都市が目撃された。
住人全員に目撃されたその都市はその後半年に渡り目撃され続け、ある日を境にぱったり消えてしまった。
この都市は、住人たち以外にも噂を聞いてやってきた新聞記者など多数の人が目撃しているが、写真などは残っていないため集団幻覚とされている。
しかし、のべ数万の人々が一人の脱落もなく幻覚をそれも長期間に渡り見続けることなど有りうるのだろうか?

527 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/14(水) 20:10:34 ID:9nCIgkgG0

信じようと、信じまいと?

1980年代の日本で、とあるヘヴィメタルバンドがライヴ会場でリハーサルを行っていた時のこと、
ギタリストに心酔して顔まで一部整形したという一人のファンが楽屋に無理矢理入り込んできた。
妙な奴だとバンドもスタッフも笑って迎えたのだが、彼にふざけてギターを渡したギタリストは驚愕した。
その彼が弾くギターは、まさにこれからライヴで弾こうとするアドリブのパートを正確になぞっていたのだ。

530 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/14(水) 23:12:53 ID:pkpn8brVO

信じようと、信じまいと?

フランスの或る村のそばに、近隣住人から「悪魔の住処」と呼ばれ、忌み嫌われる洞窟がある。
村人によるとその洞窟には悪魔が住んでおり、その悪魔の声を聞いた者は死んで仕舞うという。
その話に興味をもった民俗学者がその洞窟を調査したが、一週間経っても帰ってこない。
心配した村人が学者を捜しにいくと、彼は洞窟の入り口で耳を押さえて死んでいた。

536 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/15(木) 22:09:49 ID:FOVDz4Gb0

信じようと、信じまいと?

青森県のドライブインで車だけを残し行方不明になった長距離トラックの運転手が、
その10日後瀬戸内海の人一人乗るのがやっとなほど突起した岩山の上で死体となって発見された。
死体の腹は臨月が近い妊婦のように膨れており、解剖したところ口から胃にかけて貝類や藻類がぎっしり詰まっていたという。

560 名前:◆UOgLRpFajs 投稿日:2007/03/18(日) 11:34:17 ID:225eTpd20

信じようと、信じまいと?

ダムや橋梁といった大規模な建築工事を請け負う者の中に、贄師と呼ばれる輩がいる。
原因不明の事故が多発するような現場では、彼らが呼ばれることが時々あるらしい。
彼らは決まって小動物を連れており、深夜に一人現場を訪れ、何かを地中に埋めて去るという。
理由はわからないが、その後はぱったりと事故が起こらなくなるのだそうだ。

566 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/19(月) 19:18:47 ID:E0qwW4Ay0

信じようと、信じまいと?

埼玉のある町に、山に住む天狗とその召使の犬の話がある。
話によると、天狗はその地域の人々が疫病で苦しんでいると犬に人々を
天狗の住んでいる山の家に連れてこさせ、その病気を治療していたという。
現在、天狗と犬が住んでいたとされる山は切り崩され、病院が立っているが、時々犬の鳴き声が聞こえるという。

568 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/19(月) 19:37:58 ID:E0qwW4Ay0

信じようと、信じまいと

日本海のある海域に50mにもなる一本の黒い帯が現れた。
その近くを通った漁船が詳しく調べてみると、数千万にも及ぶ魚の群れだった。
帰港した船長から話を聞いた専門家曰く、「通常、魚は脅威から身を守るために、、
大型の魚のようにカモフラージュします。それだけの群れであったということはそれだけの脅威がいたということです。」
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 都市伝説・噂話 - ジャンル :

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー+最終更新日
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
リンクのお願い☆
始めたばかりで、 記事も少ないですが、 リンクお願いします。
楽天
ダウンロード販売

ハードディスク
おすすめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。