Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

125

491 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/06(火) 18:20:36 ID:rfBxuaMQ0

信じようと、信じまいと?

日航123便墜落事故の折、墜落地点を特定するため長野県警が地元署のパトカーを現場の方面に向かわせた。
だが、現地は山間部ということもあり、県警本部のある長野市までパトカーからの無線は届かず、地元署が中継したが意思の疎通がうまくいかない。
そこで通信会社の移動中継車が調達され、中継を行なったことで通信問題は解決した。
しかし、通信が良好になりはじめたのは、中継車が稼働するよりも一時間以上前からだったことが後にわかったという…。

493 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/08(木) 08:09:27 ID:L67vROi40

信じようと、信じまいと?

鳥取県の国道沿いにある枝に「ピンク色のリボン」が、大体100m間隔で絡み付いている事があった。
約1年ほど放置され、人々は工事か何かの目印かと思っていたらしい。だが、どうも違うようである。
一応、道路公団の職員が「ゴミ」としてすべて回収したのだが、処分する前に行方が分からなくなったらしい。
リボンがあった年度の事故発生件数は、過去最低の記録であったという。

494 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/08(木) 08:21:09 ID:L67vROi40

信じようと、信じまいと?

夢の中で「1つだけ願いをかなえてやろう」と神様から言われた主婦がいた。
いろいろと考えたが結局1つに絞りきれず、そのまま目が覚めてしまった。
「もったいない事をした」と何度も悔しがりながら洗濯を干していると、ハンガーが足りない事に気がついた。
クローゼットを開けると、昨日まではなかったハンガーが何十個もぶら下がっていたそうである。

495 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/08(木) 08:36:25 ID:L67vROi40

信じようと、信じまいと?

自動車事故に巻き込まれ、右足を骨折してしまった男がいた。
病院に担ぎ込まれ治療を受けたのだが、医者はレントゲン写真を見て苦笑した。
「非常に良く出来た義足ですね。担ぎ込まれる場所を間違えたようだ」と皮肉を言われ、男は困惑した。
産まれてから一度も、義足の世話になるような状態になった事はなかったからだ。

496 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/08(木) 08:43:03 ID:L67vROi40

信じようと、信じまいと?

南北戦争時の資料に「ジェフリー・ドーソンの回顧録」というものがあるが、資料的な価値は低いとされている。
「戦闘中に天使の軍勢が悪魔と戦っているのを見た」という記述があるからだ。
ところが、興奮状態で見た幻覚や虚言であるという理由から否定されているわけではない。
彼が見たという天使の肌の色が黒かったから、という理由で資料的価値がないとされているのである。

497 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/08(木) 08:52:56 ID:L67vROi40

信じようと、信じまいと?

福井県三柴市にある戸越村には、村を取り囲むように長い樫の棒が何本も立てられている。
「抜くと村がなくなる」と言い伝えられており、信仰の対象にもなっている。
そのため村の老人達は「抜かれるのを防ぐため」に、昼夜交代で棒を見張る習慣があるそうだ。
もしも貴方がこの村の事を調べようとして、何一つ資料が出てこなかったとしたら───

502 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/10(土) 12:20:34 ID:CKSPsmRpO

信じようと、信じまいと?

四国のある山道に「左を御覧下さい」(反対側には「右を御覧下さい」)と書かれた看板がある。
指示されている方向を見ても、ただ山肌があるのみである。
しかし、よくこの道を利用する人でもこの看板を見るとその方向を必ず見てしまうという。
この山道での事故はごく稀である。

508 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/10(土) 23:06:55 ID:+H3KwnCeO

信じようと信じまいとー

ブラッドウッドの宇宙人、俗に言う3メートルの宇宙人だが、実は太古の日本で既に記録されている
遮光木器土偶と同時期に出土している物と非常に酷似しているのだ
これは3メートルの宇宙人が世に知れた以降の出土品である為、アメリカ国防省との密約により公表記録からすべて封印されている
そして、それは今なお上野の国立博物館地下倉庫にて厳重に保管されている

これが日の目を浴びるのは果たしていつのことだろうか

509 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/11(日) 01:38:00 ID:Of36fX47O

信じようと、信じまいと?

茨木県の某山中にある、出自不明の祠。
撤去や発掘調査をしようと計画が持ち上がるたびに
責任者や推進者が変死や自殺に見舞われ、いまも放置されている。

徳川埋蔵金にまつわる祠だという風説が地元に残るのだが、確かめようする者はいない。

511 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/11(日) 15:05:53 ID:mz8uSNp80

信じようと、信じまいと?

1963年当時13才であったインドのラタミラという少女は前世を語るというので評判になった。
曰く彼女はビヤと呼ばれ結婚して子供もいたが39才で世を去った。 その後ブラミン(カーストの最上級)の
家に生まれたが9才で交通事故で死亡、今の家に生まれたのは3度目ということであった。
彼女は生まれた町を一度も出たことはなかったが、ビアであった頃の家に連れて行ったところ家族の名前を
全部言い当てたばかりか飾ってあった古い写真から両親を苦もなく探し出したという。

512 名前:◆UOgLRpFajs 投稿日:2007/03/12(月) 03:07:27 ID:CHpdUPgd0

信じようと、信じまいと?

兵庫県の斑鳩寺に「聖徳太子の地球儀」と呼ばれる球体が納められている。
実のところ太子に縁はない物らしいが、この球体の表面には日本列島を始めユーラシア、
南北アメリカ、そしてアフリカ大陸の位置がかなり正確に刻まれているのだ。
ただ、どういう訳か太平洋上に、存在しない筈の大陸が一つ余分に刻まれているという。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 都市伝説・噂話 - ジャンル :

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー+最終更新日
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
リンクのお願い☆
始めたばかりで、 記事も少ないですが、 リンクお願いします。
楽天
ダウンロード販売

ハードディスク
おすすめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。