Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

120

176 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/19(月) 03:23:41 ID:0eMRu+PnO

信じようと、信じまいと?

スペインに、売れそうもない風変わりな本ばかりを出版する小さな出版社があったという。
意味をなさない文が書き連ねられたものや何も印刷されていないものがほとんどだったそうだ。
作者も不詳とすることが多かったこの出版社だが、一度だけ爆発的に売れた本があった。
題名は「まったき人生の目録」。売れたにも関わらず、現在は一冊も残っていない。

177 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/19(月) 03:24:26 ID:0eMRu+PnO

信じようと、信じまいと?

ある年老いた富豪は、書斎に置いてある立派な棚を一番の自慢にしていた。
抽出しのたくさんついた大きな棚で、彼は来客があると必ずそこへ案内したそうだ。
そして客の欲しいものを尋ね、抽出しからすぐさま取り出して見せたという。
彼の死後に遺品が整理されたが、棚を調べてみると抽出しはみな偽物で開けることができなかった。

178 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/19(月) 03:28:00 ID:0eMRu+PnO

信じようと、信じまいと?

山深いところにある村では、昔から続く行事が最近まで行われていた。
大晦日の夜中に、村中の子供が大銀杏まで供えものを届け、一年の安全に感謝するというものだ。
しかし若い村人が村長になったのをきっかけに、この行事は子供には危険として廃止になった。
次の年の元旦、大銀杏が突然姿を消した。銀杏のあった場所には無数の玉虫の死骸が落ちていた。

179 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/19(月) 03:29:34 ID:0eMRu+PnO

信じようと、信じまいと?

ドイツのとある肉屋では、たくさん肉が倉庫から消えるということが度々起こったそうだ。
ある晩、責任感の強い見習いが、主人の制止も聞かずに倉庫の中で番をした。
翌朝見習いは血まみれになって気が抜けたように立ちすくんでいるところを発見された。
発見した主人によると、彼は小さな排水口を見つめていたという。自分の舌を掴んで。

180 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/19(月) 09:22:52 ID:jCVJYJmg0

信じようと、信じまいと?

1999年、諏訪湖の漁師が仕掛けていた網に、ある奇妙な魚の大群が入っていて話題になった。
一見シロナガスクジラの様な姿と尾ヒレ、しかし頭部に理由の解らないヒレがあり、そして、
体長は5cmほど。銀色に輝く青魚で、地元の人々も見た事が無いと言う。その現場にいた、
当時の小学生がふざけて「ひなま」と呼んだ事からひなまとされたが。その後は捕まらないと言う。

186 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/19(月) 14:48:42 ID:YNBh1xYE0

信じようと、信じまいと?

中国の地図は正確ではない、という話を聞いた事はあるだろうか。奥地にある山々は観測隊も入り込めぬほど危険な場所であり、
いつも厚い雲に覆われているため衛星写真も撮れない。そこで25年前、ある調査チームが小型飛行機による空撮を試みた。
順調に撮影は進んでいたが、雲を超えるほどの高い山に遭遇した。この山の高度を測ろうと飛び越えようとしたが山頂が見えない。
「9000mを超えた」という通信を最後に小型機は消息を絶ってしまい、これまで撮影したフィルムも失ってしまったそうである。

187 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/19(月) 14:49:23 ID:YNBh1xYE0

信じようと、信じまいと?

1960年1月23日、アメリカ海軍の協力を得てピカールが開発した潜水艇「トリエステⅡ号」にウォルシュ大尉とピカールの息子ジャックが
搭乗してマリアナ海溝内部を目指し、11521mという人類が到達したなかでも最深記録の達成に成功した。
ただし、この深度については信憑性が薄いとされ、後に10916mであったと修正されている。
信憑性を薄めたのは「計器が有する精密性の問題」の他に、2人が海溝の底で見たと証言する「子供ほどの人影」が原因であろう。

193 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/19(月) 20:04:59 ID:JwCWvKIG0

信じようと、信じまいと?

昭和51年1月、若狭湾で養殖されている真珠の中から人の指が発見された。
構造上貝の中に異物が混入する事は不可能なのだが、その指の数が38本と多かった為に警察も捜査を開始。
付近の湾岸を徹底して捜索したが、指の無い死体は全く発見されなかった。
なお、当時の最先端技術であった遺伝子鑑定の結果、その38本の指全てが同一人物の指であるという結果が残っている。

195 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/19(月) 20:07:50 ID:uZWQ2nlk0

信じようと信じまいと?

ソ連崩壊により、様々な極秘資料が明るみになった。
ある資料では、冷戦時代のロケット開発等が詳細に書かれていた。
だがおかしなことがある。
打ち上げ成功数と、帰還数が食い違っているのである。
事故など全ての事項を考慮しても、
約10機、20人ほど宇宙飛行士がロケットの打ち上げに成功したのち現在まで帰還していない。

210 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/20(火) 00:43:06 ID:CaL07HHJ0

信じようと、信じまいと?

終戦直後に流通した「赤本」と呼ばれる漫画本の作家に、福野洞犀という人物がいる。
彼の最後の長編「萬画世界ノ冒険」は、作者と同名の主人公が自作した漫画の世界を
訪れるという物だが、執筆半ばで彼は失踪した。原稿は、主人公がペンを紛失して
元の世界に帰れなくなった場面で中断していたという。この漫画は発売中止となった。

211 名前:◆UOgLRpFajs 投稿日:2007/02/20(火) 01:09:36 ID:s9uUo6wz0

信じようと、信じまいと?

1951年イギリスはダートムアの牧場で、首を切断されて死んでいる羊が数頭見つかった。
周囲の地面の様子から、かなりの大きさがある鋭利な物が高空から降ってき、羊に直撃して
頭部を切り落としたのだろうと判断された。しかし、何が降ったのかは皆目わかっていない。
一説では氷の塊ではないかと言われているが、それも推測の一つに過ぎないという。

217 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/20(火) 09:27:20 ID:B5wYZ/bx0

信じようと、信じまいと─

「ついに彼女が出来た」と喜ぶ青年がいた。向こうから告白してきたのだという。
友人達は「どうせ脳内設定だろ」「紹介しろよ」と冷やかしたが、青年が彼らに彼女を紹介する事はなかった。
しばらくして「彼女が浮気を疑っている。あんなに嫉妬深いとは思わなかった」と友人達に相談してきた。
翌日、青年は変死体で発見された。司法解剖の結果、脳の内側から刺されたとしか思えない傷が死因だと判明した。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 都市伝説・噂話 - ジャンル :

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー+最終更新日
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
リンクのお願い☆
始めたばかりで、 記事も少ないですが、 リンクお願いします。
楽天
ダウンロード販売

ハードディスク
おすすめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。