Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

114

836 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/12(月) 17:33:06 ID:CvV2RJ1E0

信じようと、信じまいと?

ロシアの複数の研究者が共同で、奇形児に関する調査を行った。
調査が行われたこと自体が公式には公表されていないが
それによると、世界の地域ごとの奇形児の発生率を色の濃淡で表した場合
アフリカ北部を中心とした幾何学模様が形成されるという。

840 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/12(月) 22:08:48 ID:IbrPd1k/0

信じようと信じまいと?

江戸は天保の頃、今で言う荒川が突然増水した事があった。
それはすぐに収まったが、原因は不明。上流に住む者に話を聞いたところ、
「俄かに空が曇り雨雲になった。然程大きくはなかったが、雲が2つに裂けると
滝の様に雨が降り、一滴残らず川に注がれていった。」という。

841 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/12(月) 22:33:38 ID:J9LU3gkw0

信じようと、信じまいと?

1867年、北フィンランドで全く形を変えない奇妙なオーロラが観測された。
何かの文字の様でもあったが、人々には読むことができなかったので、絵に描いて記録しておいた。
それを読んだのは、およそ100年後にその地を訪れた日本人観光客。
そこには平仮名で、「ありがとう さよ」と書かれていた。

842 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/12(月) 22:35:23 ID:J9LU3gkw0

信じようと、信じまいと?

南米大陸のある地域では、「音の鳥(Sound Bird)」と呼ばれる存在が信じられている。
何もない空から、大きな鳥の羽の音が聞こえるのだという。
ドイツの研究者がそれを研究し、遂にその録音に成功した。
その音を解析したところ、その「鳥」はなんと体長30m、翼長は50mはあるはずだとの結果が出た。

843 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/12(月) 22:36:37 ID:J9LU3gkw0

信じようと、信じまいと?

1995年8月、ある営団地下鉄の運転士が通常通りに列車を走らせていたところ、驚くべき光景に出くわす。
トンネルの壁100mほどに渡って、幾何学的な文様が浮かび上がっていたのである。
先行の列車が通ったときには、何の異常も見られなかった。
その模様はその日の夜に消されたが、その後も同様の現象が様々な場所で少なくとも4回確認されている。

847 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/12(月) 23:17:32 ID:WEQpMloZO

信じようと、信じまいと?

ある神社で、神主一家の住む母屋に大量のスズメバチが
迷い込んだ。慌てて一家全員を境内に避難させた為、
さいわいにして刺されたものはいなかった。
安心した刹那、裏の山で崖崩れが起き、母屋は半壊した。

848 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/12(月) 23:18:59 ID:WEQpMloZO

信じようと、信じまいと?

江戸初期の頃の話、男が雨の中を家路を急いでいると、女がうずくまっている。
病人かと思い声をかけたが、「名も忘れました、家も忘れました」と呟くばかり。
仕方ないのでそのままにして家に帰り、家人にその事を話そうとしたのだが、
女の顔も、見かけた場所すらも皆目思い出せなかったという。

849 名前:潜水艦ネタ多くてスマソ 投稿日:2007/02/12(月) 23:42:14 ID:WEQpMloZO

信じようと、信じまいと?

海上自衛隊の潜水艦が硫黄島近辺を通るとき、時折わずかに姿勢が崩れることがあるという。
潜水艦は、艦内の重量を注水、排水で制御して、姿勢や深さをコントロールしている
乗り物だが、
その姿勢の崩れる量を計算すると、ちょうど「人間ひとりが艦内に余分に乗っている」ほどになるという。

硫黄島は、有名な太平洋戦争の激戦地であり、日本軍守備隊は玉砕している。

850 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/12(月) 23:46:34 ID:WEQpMloZO

信じようと、信じまいと?

天保年間、ある領主が自分の屋敷の蔵から殺気を感じると言って、
家臣と共に踏み込んだ。しかし蔵には水の入った手洗い桶が一つ置かれて
いただけであり、領主は腹立ちまぎれにその桶を蹴飛ばした。
その年の秋、その領主の治める村一帯が洪水に押し流され、壊滅した。

851 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/12(月) 23:53:12 ID:WEQpMloZO

信じようと、信じまいと?

アンティーク好きの男が骨董屋から水晶玉を買ってきたが、
彼はその週のうちに水晶玉を叩き割ってしまう。
「巨大な目玉が、台座の上でぐるぐる回って部屋を眺め回していたから」だという。

後日、文句を言いに件の骨董屋を訪れると、主人は片目に眼帯をしていた。

853 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/13(火) 01:54:40 ID:4+sjsH4M0

信じようと、信じまいと?

空を見上げれば蜘蛛の巣のように電線が広がっているのが当たり前の風景になった昨今。
しかしこの電線の実に2割以上は、中空のゴム皮膜だけが張り巡らされた『ダミー』なのだと言う。
何故わざわざそんな物を張り巡らせるのか知る者はいないが、偽者を用意する理由などそう多くはない。
「本物の電線に被害が及ばないようにする囮」か「獲物をおびき寄せる疑似餌」 ??しかし、何を相手に?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 都市伝説・噂話 - ジャンル :

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー+最終更新日
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
リンクのお願い☆
始めたばかりで、 記事も少ないですが、 リンクお願いします。
楽天
ダウンロード販売

ハードディスク
おすすめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。