Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

108

495 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/01/23(火) 02:20:35 ID:ahQ+pwq+O

信じようと、信じまいと?

2004年12月、山口県の某企業に勤めている夜間警備員の男性が解雇された
彼が夜勤時、勤務時間中に詰め所で携帯電話でのサイト閲覧に熱中し、定時巡回を度々怠っていた事が発覚したためである
後日 その詰め所で彼の解雇に関する処理を進めていた彼の上司は、書類に解雇理由の詳細を記入している時にふと気が付いた
この詰め所は地下3階…当然"圏外"にあると

496 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/01/23(火) 08:22:18 ID:dFwSEMNf0

信じようと、信じまいと?

ある年の冬、岩手県の山中で男性の遺体が発見された。別の行方不明者を捜索している時、偶然に発見されたのだ。
顔以外の部分を土に埋めた状態で「溺死」していたが、遺留品の日記を根拠に「事故」として片づけられた。
雪山で遭難した男性は、寒さをしのぐために顔だけ出して埋まる「土のベッド」を作ろうとしたらしい。
彼にとって計算外だったのは、顔に積もった雪が呼吸で溶け、どんどん鼻から肺へと入っていったことだった。

499 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/01/23(火) 09:37:17 ID:byy8RDSr0

信じようと信じまいと?

キリスト教が、現代欧米文化の根底にあることを否定するものはいない。
イエス・キリストの肖像は、グレコ、ジョット、ルーベンス等、ヨーロッパの
さまざまな画家によって描かれ、その姿はクリスチャンでない私たちにも
馴染み深いものとなっている。画家によってイメージに若干の差異はある
ものの、欧米文化を支える神の子イエス・キリストに共通している特徴が
ただひとつ。アラブ人に特有の長く縮れた黒髪である。

500 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/01/23(火) 09:53:41 ID:ahQ+pwq+O

信じようと、信じまいと?

2006年8月、世界中でプレイされている有名オンラインゲームでいわゆる"廃人プレイ"をしていたある男性が、自殺した
彼が自殺の直前までオンラインゲームにログインしていた事から、警察は彼のゲーム関連のログを調べた
彼の死亡推定時刻以後もキャラクターは狩りやチャットを続けていた事が判明したが、部屋にはパソコンの為にかなり低めの冷房がかけられており、それにより死亡推定時刻が狂った…というのが警察が下した結論である
彼の操作していたキャラクターの最後の台詞は『あっちは操作性が糞だからもうキャラ削除して引退するよw』であった

505 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/01/24(水) 22:19:21 ID:oLJfTMGR0

信じようと、信じまいと─

発明家トーマス・エジソンは白熱電球を始め、様々な物を発明したことで有名だ。
ある日彼は「知能を計測する機械」を完成させ、試しに飼っていた犬の知能を計測した。
すると驚くべき結果が出た。なんとその犬は人間より知能が高かったのだ。
だが犬がその機械を壊してしまい、彼はその後同じ機械を作ることは出来なかった。

508 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/01/25(木) 02:00:50 ID:BA9HvrZW0

信じようと、信じまいと?

1962年、社会人類学者のパセツキー博士は、中央アフリカで実地調査中、神の使いとして
犬のミイラをあがめる村に行き当たったと言う。村人によると、かつて天から神が落ちてきた際、
その犬に言葉を与えて人々に命令したのだそうだ。不幸なことにその後の内戦で村は焼かれ、
ミイラも失われたが、通常の犬に比べて頭骨が極めて大きく、咽頭部も長かったそうだ。

509 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/01/25(木) 02:02:31 ID:BA9HvrZW0

信じようと、信じまいと?

1978年、アルゼンチンはサンルイス州で奇妙な交通事故が起きた。乗客を満載したバスが
人をはねたらしいのだ。らしいというのは、死体が見つからなかったからだ。
現場にはB型男性の多量の血痕が残されており、乗客も衝突の音と悲鳴を聞いたと証言した。
事故の瞬間に偶然居合わせた者によると、何もない空間からいきなり血しぶきが飛び散ったと言う。

510 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/01/25(木) 02:03:05 ID:BA9HvrZW0

信じようと、信じまいと?

1950年代、カルパティア山脈ポーランド側の山の一つで、一人の青年が消息を絶った。
一緒に登山した友人が先を歩いているうちに、いつの間にかいなくなっていたらしい。
その後、崖の中腹で遺体が発見されたため滑落事故と処理されたが、不気味なことに
青年の遺体の下には、同じ年恰好のミイラ化した遺体が2つ積み重なっていたと言う。

511 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/01/25(木) 02:03:37 ID:BA9HvrZW0

信じようと、信じまいと?

1988年神奈川で起きた火事の話。深夜2時に工場倉庫のガスボンベが爆発。1時間後に鎮火したが、
泊り込みで作業中の従業員が1名おり、安否が気遣われた。ところが、爆発の瞬間は外にいて無事。
窓の外から、入院中のはずの母親が助けてと叫ぶ声が聞こえたため、気になって外に出たのだと言う。
後に母親に聞くと、息子の勤め先が火に巻かれているのを見て、助けを呼んでいる夢を見ていたそうだ。

517 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/01/26(金) 21:44:58 ID:Q1gFZ+nD0

信じようと、信じまいと?

雪山で遭難者の物と思われる日記が見つかった。
日記は、遭難した日から始まり、救助が来たという記述で終わっていた。
しかしその日付の日は、悪天候のため救助活動はおこなわれていなかった。
遭難者は誰に救助されどこに行ったのだろうか。

523 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/01/28(日) 17:36:08 ID:eSdWEtU+0

信じようと、信じまいと?

昭和17年1月1日、独立飛行第47中隊の戦闘機「鍾馗」がサイゴンを離陸する際
滑走路を逸れた1機が見送りの人垣に突っ込み、7名が惨死するという事故がおきた。
事故を起こした機は「キ-44」(鍾馗の型式)の4号機、ナンバー444だった。

525 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/01/29(月) 01:37:05 ID:VaihTudM0

信じようと、信じまいとー

「食物連鎖」という言葉を知っているだろうか。中学校の理科で学習する単語だが、
アメリカのある有名な大学のチームがこれについての研究を長年行っているらしい。
彼らによると現在消費者である我々人間を消費する者がいずれ必ず出現するとのこと。
生物の頂点に立つとも言える人間を消費する者とは一体何だろうか。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 都市伝説・噂話 - ジャンル :

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー+最終更新日
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
リンクのお願い☆
始めたばかりで、 記事も少ないですが、 リンクお願いします。
楽天
ダウンロード販売

ハードディスク
おすすめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。