Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

103

220 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/10(日) 23:42:07 ID:rT9HlXZ90

信じようと、信じまいと?

昔の話。ある宿場町に住む者が宿下がりする際に絶対開けて見てはいけないと言われて文箱をもらった。
それから数十年がたち、家人がある時その箱を好奇心から開けてしまった。
開けた瞬間に箱の中から風が吹き、それと共になにか「管」のようなものが飛び出し、すごい勢いで外に出て行った。
その年、その町で原因不明の病が流行り多くの人が命を落とした。箱の中に入っていたものはなんだったのだろうか?

221 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/10(日) 23:42:59 ID:rT9HlXZ90

信じようと、信じまいと?

昔の話。栃木のある神社にある御神木には何か住んでいると言われていた。
ある時、神社が火事になり、御神木にも火が燃え移ってしまった。
すると、御神木から悲惨で無気味な悲鳴が響いた。悲鳴は三日三晩続き、火が消えた四日目に止んだ。
御神木の燃え跡を確認してみると、そこにはばらばらの蛇の骨があった。

223 名前:loop 投稿日:2006/12/11(月) 16:48:36 ID:7pgQgAG0O

信じようと、信じまいと?

山西という男は昼の時間、町中で友人に電話をしていた。
しばらく後、突然、電話は急にぷつんと切れ、代わりにお経が聞こえてきたそうだ。
周りを見渡して見ると何故か夜、携帯の日付を見ると1日戻っていた。
ついでに、翌日また同じところで電話をしていたらまた同じ体験をしたそうだ。

225 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/12(火) 02:24:57 ID:bnfREjSj0

信じようと信じまいと?

とある丘の上に小さな神社がある。
山間の町なので雷が多く、狙ったようにご神木に落ちる。
雷に打たれご神木が燃えるたびに、新しいご神木を決める。
毎年のようにご神木が変わるのに、雷は狙ってご神木に落ちる。

232 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/13(水) 00:04:26 ID:IEQ/OyYt0

信じようと信じまいと?

3年程前からだろうか
2ちゃんのオカ板住民が謎の失踪をしたとの書き込みが出始めたそうだ
数は少ないが定期的にそういう話が上がるみたいでそんな時に限っていつも
謎のスレが立っては急速に落ちるそうだ、少しづつレス数を増やしながら・・・。

233 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/13(水) 00:39:30 ID:IlnDX+HR0

信じようと、信じまいと?

四人の男女の大学生が、連休を利用して観光で箱根のとある山に登った。四人は写真を撮るなり楽しんでいたが、
その一枚に不可解な物があった。唯一四人全員で映っている写真なのだが、背後の風景がどう考えても日本の山の風景でない。
たまたま通りかかったごく普通の老夫婦にシャッターを切ってもらったことは皆記憶しているのだが、風景には誰も見覚えがないという。
その後山に詳しい友人に見せると即座に友人は「この休みに北ヨーロッパまで行ったんだね、うらやましいよ」と言い放ったという。

234 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/13(水) 11:26:19 ID:BVDhJ9N30

信じようと信じまいと?

1972年、イギリスのテレビクルーが南アフリカの原住民の村を取材した。その村の祠には、80年前に書かれた予言の書があるといわれ、
テレビクルーは村長に見るなと言われていたのに、夜中になってその祠を開けて、保管されていた書物を開いて写真で撮影した。
帰国して写真を現像すると、見たこともない言語で文字で三行詩が書かれていたが、専門家に頼んで解読してもらった。
1行目には「第一次 1914年」、2行目には「第二次 1939年」と書かれていたが、3行目は薄汚れて解読できなかった。

235 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/13(水) 13:47:38 ID:q1J0UVCHO

信じようと、信じまいと?

1799年7月15日ナポレオン率いるフランス軍は遠征先でロゼッタストーンを発見。
現在はイギリス大英博物館に保存されているがその石には後から切り取られた痕跡があり
石が発掘された付近の遺跡にはどの文化圏にも見られず解読が全く出来ない文字と
現在では見られない奇妙な生物が描かれた壁画があるという。

237 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/13(水) 21:07:29 ID:jCgS2uU/0

信じようと、信じまいと?

1880年代初頭、とある宮廷に招かれた初の日本人外交官の名は猿田修。
彼を「歓待」するべく舞踏会が開かれ、国で最も踊りの上手い令嬢と最高の楽隊が用意された。
彼、ひいては東の辺境を翻弄せんと指揮者は曲に無茶苦茶な緩急をつけ、令嬢は冷笑を浮かべてステップのリズムを上げた。
しかし猿田は平然と踊り続けた。ソリストの指が限界を迎え曲を終わらせるまで。その曲の名は?????

チャールダーシュ
  猿 田 修

238 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/13(水) 22:22:12 ID:BVDhJ9N30

信じようと、信じまいと?

2004年12月20日未明、埼玉県秩父の山中でとあるホラーゲームのCM撮影を行っている最中に3人の男性エキストラがカメラの前から忽然と消えてしまった。
方々探し回ったが見つからず、カメラを再生してみると、3人はリハーサルとは違うタイミングで驚愕した表情をした直後に消えていた。
CM撮影は中止されたが年が明けた1月15日未明に、神奈川県の山下公園で男性の一人が保護された。彼は精神に異常をきたし、話せる状態ではなかった。
そして1週間後に、原因不明の死を迎えた。その1月15日、横浜方面に住む人々から各新聞社に「UFOを見た」との連絡が数件あったが??

239 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/13(水) 22:32:32 ID:BVDhJ9N30

信じようと、信じまいと?

青森県内に「来訪者の坑」と呼ばれる洞窟がある。室町時代の頃にその穴から異人が現れて
様々な知恵を村人に授けたことからその名が付けられた。
1994年11月、オーストラリアのジャーナリストがその話を知り、洞窟に入り込んだが、その後、彼の姿を見た者はいない。
坑は翌月の三陸はるか沖地震で塞がってしまい、今では出入りはできなくなっている。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 都市伝説・噂話 - ジャンル :

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー+最終更新日
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
リンクのお願い☆
始めたばかりで、 記事も少ないですが、 リンクお願いします。
楽天
ダウンロード販売

ハードディスク
おすすめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。