Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100

73 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/26(日) 04:46:54 ID:CafvNOf50

信じようと、信じまいと?

1937年、中国・杭州で、中共八路軍の潘晋宇という兵士が勲章を授けられた。
理由は「6羽の鶏を用いて日本侵略軍の尖兵2名を殺傷せしめた革命的偉業」云々というのだが、
その叙勲を受けた潘某も、勲章を授けた上官(姓名不詳)も、何一つ資料を残さぬまま
亡くなっている為、今日もなお「鶏6羽をどう使ったのか」、全く謎のままである。

74 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/26(日) 04:59:45 ID:CafvNOf50

信じようと、信じまいと?

日本の1年間あたりの行方不明者の総数は、9万人から10万人に及び、生死すら定かでない者も多い。
だが、たとえ家出人捜索願が出され、当局がその人物の死を確認していたとしても、行方不明扱いのままとされ、
家族にもその死が知らされていないケースが、少なくともここ5年間で3人いるという話である。
ちなみにこれは独り言だが、東京都千代田区千代田1番の某所に、ここ5年で3件の自殺事件があったとか無かったとか。

75 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/26(日) 05:03:54 ID:CafvNOf50

信じようと、信じまいと?

1942年9月から翌年8月まで、米国のとある小学生向け雑誌に、戦争小説が連載された。
「チビ」と「デブ」というあだ名の4年生の男子2人が、知恵をめぐらせて悪のJAPと戦い、
最終回では広島の軍港(呉軍港)を爆撃し、真珠湾の仕返しをする、という内容のものだった。
その広島を爆撃する小説のタイトルだが──「リトルボーイ&ファットマン」といった。

77 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/26(日) 05:15:37 ID:CafvNOf50

信じようと、信じまいと?

1964年、英国に産まれたある四つ児がビートルズにちなみ、ジョン、ポール、ジョージ、リンゴと名づけられた。
だが1980年にジョン・レノンが射殺されると、時を同じくして四つ児のジョンも強盗に撃たれて亡くなってしまう。
さらに2001年、ジョージ・ハリスンが癌で亡くなると、四つ児のジョージも同年に肺炎で亡くなってしまった。
現在、四つ児のポールは服役中だ。理由は、レストランで「ポール・マッカートニー死亡説」を語っていた客を殴り殺したためである。

85 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/26(日) 23:09:03 ID:M8E98kFf0

信じようと、信じまいと??

1954年8月24日、東京八王子市で身元不明の男が飛び降り自殺をした。
唯一の手がかりは懐に入れていた奇妙な機械だけであり、捜査は早々に打ち切られた。
そして2006年4月31日、古い資料を処分していた警察署員は驚くべき物を目にした。
資料に残っていた奇妙な機械の写真に写っているのは、どう見てもこの前発売された新機種の携帯電話だったのである。

87 名前:◆UOgLRpFajs 投稿日:2006/11/27(月) 04:46:53 ID:+hMR41xN0

信じようと、信じまいと?

1960年代、まだアメリカが統治していたマーシャル諸島で、新種の白アリが発見された。
調査の結果、驚くべき事実が報告される。この白アリは非常に知能が高く、自分たちで道具を
製作し使いこなしていたというのだ。その後すぐに白アリの棲んでいた島は米軍に焼き払われ、
徹底的に駆除されてしまったという。理由は明らかにされていない。

90 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/29(水) 19:54:13 ID:3vuWpaGZ0

信じようと、信じまいと?

1982年当時、”原無戦記”と言う漫画が週間漫画誌に載っていた事が記録には有るが、
不思議とその単行本も原本も残っていない。見た記憶の有る人に寄るとそれは何か、
無のない世界について様々な考察を巡らせていた作品だったと言うが、酷い内容で、
1Pたりとも読むに耐えない物だったと言う。原作者はその後殺人罪で投獄されて、
獄中で死亡したと言う。描いた漫画家は今も存命。なのに、記録だけが消えている。

91 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/29(水) 21:32:54 ID:eMdiB+oA0

信じようと、信じまいと?

戦時下の日本は食糧難にあえぎ、頼みの綱の配給もまともに機能していなかった。
そんな中でも刑務所だけは暴動防止のため、シャバより余程食糧事情がよかったという。
それに目をつけたとある与太者が、収監を望んで騒ぎを起こし、念願かなって刑務所に送られた。
送られた先は豊原刑務所、時に昭和20年8月8日。彼のその後は、もちろん誰も知らない。

92 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/11/30(木) 02:41:50 ID:Acu2hjlsO

信じようと、信じまいと?

海底探査隊はロボットカメラを使って海底の調査をするのだが日本の探査隊が大西洋を調査した際、不可解なものがカメラに移っていた。
真っ白で滑らかな肌を持つ二足歩行の何かが海底を歩いていたのだ。
現地住民曰わくその生物は「ニンゲン」と呼ばれていてよく街にくりだしては食物を漁っているのだそうだ。

102 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/01(金) 00:12:25 ID:3EfL+VbN0

信じようと、信じまいと?

1988年10月、アルフェイク=ステッド教授は奇妙な方程式の発見を生徒の一人に打ち明けた。
「運命の方程式」と呼ばれるそれは、人のパーソナルデータを代入することでその人が何歳で死ぬかを正確に導き出せる、と言う物なのだという。
教授は生徒の前で、自らのデータを代入して見せたが、彼は突然目の前から消失してしまった。
驚いた生徒が残されたメモを確認すると、方程式の答えは「0」になっていたのだという。

111 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/01(金) 22:06:43 ID:7+wWZu610

信じようと、信じまいとと?

マサチューセッツ住む学生モニカ=ファーバンティは不眠の症状を訴えいた。
眠れてもすぐに、高いところから落ちる夢を見、地面と激突する瞬間に目がさめるという。
数ヶ月後、彼女変死体が自宅にて発見される。死因は全身を強く打ったことによる全身打撲で、
裂傷もひどかった。だが死体が見つかったのは彼女の自室のベッドのすぐ脇だったという
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 都市伝説・噂話 - ジャンル :

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー+最終更新日
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
リンクのお願い☆
始めたばかりで、 記事も少ないですが、 リンクお願いします。
楽天
ダウンロード販売

ハードディスク
おすすめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。